外国人は消費者金融から借入できるのか

日本在留の外国人の方も、消費者金融を利用したいと思っている方は多いでしょう。もちろん外国人でもキャッシング契約をすることは可能です。ただし、契約に当たり条件がありますので、それをクリアしていないといけません。では、その条件ですが、「日本語を話せる」「収入がある」「永住ビザを持っている」「身分証明書がある」です。
まず、日本語を話せないことにはお話になりません。残念ながら、日本人は他国の言語を知りませんので、英語であっても日本で通じる可能性は低いのが現状です。完璧な意思疎通ができないとなると、契約は難しいでしょう。その上で、収入があることが前提です。これは日本人も同じですが、返済能力がない人には融資できないということです。
また、長期滞在をしていることも条件ですので、永住ビザを取得していない人は契約できません。最低でも日本在留期間が1年以上であることです。身分証明書は、「永久査証」もしくは「外国人登録証明書」の写しが必要です。これは決して差別ではありません。外国籍を持つ人に融資するリスクを踏まえてのことですので、仕方がないことなのです。
例えば、国外へ逃亡されてしまえば債務を回収することは出来ないし、ましてや日本語を話せないとなると言い逃れられてしまい、それで終わりです。お金を貸すということは、そこに含まれるリスクを考慮しなくてはいけません。条件は日本人よりも厳しいですが、リスクが高い人には融資されないのは日本人も同じです。契約をしたいのなら、返済能力があり信頼できる債務者だということを証明する必要があるでしょう。